相続の基礎知識

人が亡くなれば必ず発生するのが相続であり、避けては通れないものです。
相続は複雑な手続きも多く、その対応が適切でないと、場合によっては事態をこじらせてしまう場合も生じます。

ここでは相続の基礎知識をご説明します。

相続が発生したら

相続には複雑な手続きも多く、思い違いをしたり、あるいは適切な手続きをしないことで、場合によっては事態をこじらせてしまう場合も生じます。一見簡単に見える相続でも隠れた事情がひそんでいることもあります。
簡単と思える相続も相続手続きの専門家である司法書士にご相談ください。

詳しくは相続が発生したらをご覧下さい

法定相続と相続人

被相続人(お亡くなられた方)が生前に遺言をしていなかった場合、民法で誰が相続人となるのか(法定相続人)を定めると共に各相続人が受け継ぐ財産の割合(法定相続分)についても規定しています。この、民法の定めに従った相続を『法定相続』と呼びます。

詳しくは、法定相続と相続人をご覧ください

遺産の分類と相続方法

遺産や相続財産とは、亡くなった方が残した「権利と義務」のことをいいます。
つまり、遺産には、不動産や金融資産といった、プラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も含まれるということです。

詳しくは、遺産の分類と相続方法をご覧ください

相続手続に必要なもの

相続には原則として被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍一式や遺産をどのように分けるかを話合う遺産分割協議やそれを書面にした遺産分割協議書、印鑑証明書など多くの書類なが必要です。相続手続きは煩雑なので相続手続きの専門家である司法書士に依頼していただくと安心です。

詳しくは、相続手続に必要なものをご覧ください


相続・遺言に関する休日無料相談会 088-820-1080 無料相談も親身にお答えします!

  • 相続・遺言のご相談はこちら 088-820-1080

  • 事務所概要

    料金表

    相談から解決まで

    解決事例

  • CONTENT MENU

  • OFFICE・ACCESS